サービス残業をなくそう

サービス残業は「サービス残業をなくそう」の残業代未払で訴訟になる場合

平成18年に施行された労働審判制度では労働者が会社を訴えやすくなりました。それまでの裁判は期間が長いものでしたが、労働審判は期間が短く費用も安いことや手続きが簡単なこともあって労働者個人で訴訟をおこしやすくなったのです。労働審判は原則として3回の審理で終わるのですが、期間が短いことは企業にとってはじゅうぶんな準備ができないため不利となることも多くなります。労働審判は裁判と同じ効力を持ちますが、裁判ほど大がかりでないため労働者が訴えやすくなりました。また、労働審判の内容に不服があり当事者から2週間以内に異議申し立てがあれば次は訴訟に移行します。訴訟になると期間も長期にわたり、費用もかかります。サービス残業で訴訟という事態になれば、費用だけではなく会社のイメージダウンも否めません。サービス残業で訴訟にならないよう気をつけなくてはいけません。