サービス残業をなくそう

サービス残業は「サービス残業をなくそう」のサービス残業の事例

残業を申告しにくい会社

残業をしているのに残業代が支払われないサービス残業にはいくつかのパターンがあります。まずは月の残業時間の上限が決められているというパターンです。残業時間は月20時間までというように時間が決められていて、それ以上残業をしても申告がしにくいというケースがあります。上限時間が決められていても人手が足りないため仕事の量が多く、どうしても上限時間を上回る残業をしなくては仕事が終わらないという会社もあるでしょう。しかし、残業時間が決められているので残業の申告がしにくく、タイムカードに退社時間を記録した後も仕事を続けていることが日常的におこなわれている場合もあります。このような場合、上限時間を超えた労働時間は賃金が支払われずサービス残業となってしまいます。また、出勤管理にタイムカードを使用しておらず、勤務時間を自己申告しなくてはいけない会社の場合、社内に残業時間を申告しにくい雰囲気があって残業してもサービス残業が当たり前となっているケースもあります。

給料に残業代が含まれている

また、給料には残業代が含まれているということで、いくら残業をしても残業代が支払われないというパターンもあります。このような場合は給料に何時間分の残業代が含まれているかが明確にされなくてはならず、その時間を超える残業をした場合には残業代が支払われなくてはいけません。また、年俸制の場合も残業代は含まれているので支払われないということが起きています。最近は成果主義の年俸制を採用している企業も増えていますが、年俸制だからどれだけ働いても1年間に支払われる賃金は一緒ということではありません。年俸制であっても残業代が含まれているかどうかは明確にしておかなくてはならず、明確にされていない場合は残業代として支払われなくてはいけないのです。残業の割増賃金がいくらであるかが明確にされている場合には、賃金に含まれている残業代分以上の残業をしたら、その超過分が支払われなくてはいけません。