サービス残業をなくそう

サービス残業は「サービス残業をなくそう」の固定残業手当を導入する

もしこれから固定残業手当を導入しようということになれば、支払い金額は変わらなくても基本給は下がってしまいますので従業員には不利益な変更となり、同意が必要になります。固定残業手当を導入していることにより残業代は毎月支払っているのだから、従業員が何時間残業をしても関係ないと思っている人もいますが、これは間違いです。固定残業手当を導入するときに何時間分の残業代が含まれていると明らかにする必要があるので、含まれている残業時間分を超過すればその残業代は別途支払わなくてはいけません。逆に残業が全くなかったとしても固定残業手当が減るということはありません。固定残業手当を導入しているからといって従業員の残業時間の管理が楽になるというわけではないので注意が必要です。また、昇給するたびに基本給と残業手当である割増賃金がいくらであるのかを明確にし、契約書を交わさなくてはいけないという面倒な面もあります。また、固定残業手当を導入すると基本給の部分が下がりますので最低賃金を下回らないように注意をしなくてはいけません。